第21回 草牟田の三角公園

posted in: 道草放浪記 | 0

文・東川隆太郎  スケッチ・浜地克徳

草牟田の三角公園

自然か不自然かと問われると不自然としかいいようがないのが三角形をした土地だ。しかも自動車が闊歩する世の中では、急なカーブを強いられるような三角形の土地は問題以外のなにものでもない。ただ、私のようなひねた人にとっては、観賞用として重宝でさえある。付近は草牟田という地名が表すようにかつては住宅だけでなく、田畑もあったのだろう。三角形の土地は明らかにその名残である。三角形の底辺もしくは先端と接する道路は、意外と交通量が多い。もしあなたがどうしようもないくらい暇だったら、行き交う車にとって三角形はどうような存在なのだろうかということについて、三角形の公園にある遊具にでもまたがって思案してみるのも、素敵な暇つぶしになるのでは。かなり適当な提案でしたが、適当でない提案もひとつ。三角形の公園に据えられているウサギとカメのイス?に名前をつけてあげてみませんか。おっと、これもけっこう適当だったかな。

草牟田の三角公園