門倉多仁亜さんのレシピ「鶏肉のガンボ」

こんにちは。先週、リージョン25号が発行となりました。

鹿児島にゆかりのある人物をご紹介する「Focus on」では

料理研究家の門倉多仁亜さんをご紹介しています。

誌面で、取材当日に門倉さんが教えてくださった

鹿児島のおくらを使う「鶏肉のガンボ」のレシピを掲載しましたが

このレシピは短縮版でした。

今日はその詳細なレシピを掲載します。


「ガンボ」は門倉さんが

ミシシッピに住む友人から教えてもらった味で、おくらを使った料理。

おくらの粘りとカイエンペッパーのピリリとした辛さ、

トマトの酸味が合わさってとってもおいしい一皿です。

カレーのようにご飯にかけていただきます。

「鶏肉の縲怐vとありますが、門倉さんは取材当日、

鶏肉とソーセージを半々にして作ってくださいました。

鶏肉の代わりにえびを入れてもおいしいそうです。


【鶏肉のガンボ】

材料(4人分)

鶏もも肉 1枚    玉ねぎ 1/2個

タイム 1本     セロリ 1本

ローリエ 1枚    にんにく 3かけ

パプリカ 大さじ1  カイエンペッパー 少々 

トマト 2縲鰀3個    オレガノ 少々

赤パプリカ 1個   塩 適宜

おくら 200g    サラダ油 適宜

ご飯

[ルー]

サラダ油 大さじ2  小麦粉 大さじ2

コンソメ 400ml

 


作り方

(1)鶏肉は食べやすい大きさに切る。刻んだにんにく、パプリカ、カイエンペッパー、

  オレガノ、塩少々、サラダ油少々を鶏肉にもみ込み、10分以上置く。

(2)鍋にサラダ油を熱し、鶏肉に焼き目をつけ、お皿に取り上げておく。

(3)荒めのみじん切りにした玉ねぎ、1.5cm角に切ったパプリカ、セロリを炒める。

(4)(3)がしんなりしてきたら、皮をむいて荒く刻んだトマトと鶏肉を加えて煮込む。

(5)別の鍋でルーを作る。サラダ油を熱し、小麦粉を加え、泡立て器で混ぜながらきつね色に

  なるまで混ぜる。よい色になったらコンソメを徐々に加え、絶えず泡立て器で混ぜながら、

  ホワイトソースを作る要領でルーを作る。

(6)できたルーは(4)に加えて全体をなじませ、塩で調味する。沸騰したら1cm弱に切った

  おくらを加え、再度沸騰したらできあがり。

(7)炊いたご飯に添えていただく。


 

門倉さんからは「おくらは長く煮込むと色が悪くなります。

おくらを入れたら1縲鰀2分程度で素早く仕上げてくださいね」

とアドバイスをいただきました。

また、ソーセージを使うときはスパイスはもみ込まず、

焼き目だけを付ければいいそうです。


私もさっそく作りましたが、とてもおいしくできましたよ。

鍋いっぱいに作って、おくらを追加しながら2日食べました。

おくらの旬は過ぎてしまいましたが、皆さんもぜひ作ってみてくださいね。(前)

 

2011100411000713659.jpg