映画「はやぶさ」製作ラッシュ

リージョン24号のトピックスで「かごしまフィルムオフィス」をご紹介しました。


その中で、かごしまフィルムオフィスが製作支援を行った映画「はやぶさ/HAYABUSA」が10月公開されることを取り上げています。
「はやぶさ」とは、2003年5月に内之浦宇宙空間観測所から発射された小惑星探査機です。イトカワという小惑星に接近して科学観測を行った後、2010年6月に地球へ帰還し、その役目を終えました。
実は、現在3本の「はやぶさ」を題材とした映画が製作されているんです。
まず、リージョンでご紹介した「はやぶさ/HAYABUSA」(堤幸彦監督)。
これは20世紀FOX映画が製作に携わるということで話題になりました。
竹内結子さんや西田敏行さんが出演します。すでに鹿児島(内之浦)でのロケも終了しています。公開は3本のうちで最も早い10月1日です。
二つめは、東映が製作を手がける「はやぶさ 遥かなる帰還」(瀧本智行監督)。
渡辺謙さん、夏川結衣さんが出演し、「リーダーとは何か」をテーマにしています。
この作品も鹿児島(内之浦)でのロケがあり、かごしまフィルムオフィスが製作支援を行っています。公開は2012年です。
もう一つは、松竹の「おかえり、はやぶさ」(本木克英監督)。
藤原竜也さん、三浦友和さんが出演するこの作品は、全編3Dで製作されるとのこと。
残念ながら鹿児島でのロケはなかったそうですが、見ごたえがありそうですね。
公開は2012年3月です。
すでに、5月に公開された角川映画の「はやぶさ HAYABUSA BACK TO EARTH」(上坂浩光監督)を入れれば、4本の「はやぶさ」映画が観られるということです。その背景には、3月に発生した東日本大震災の影響があり、国民に希望を与えるような題材として、さまざまな困難を克服して任務を果たした「はやぶさ」が注目されたそうです。
同じ題材を取り扱うことで競作という形にはなりますが、それぞれ違った見所があると思います。
「はやぶさ」は、「映画を通じて日本を元気にする」という新たな任務を担ったのかもしれませんね。(岡)

One Response