「カゴテツなう!」のキヨスカ氏、新聞に掲載!

こんにちは。
掲載が遅くなってしまいましたが、今年のお正月にうれしい出来事がありました。
リージョン21号より連載中の「カゴテツなう!」。その撮影、文章を手がけているキヨスカ氏が、今年の元日の南日本新聞に取り上げられました。
キヨスカ氏が紹介されたのは、第3部「九州新幹線全線開業へ」内の2面。鹿児島を訪れる観光客に勧めたい穴場を紹介する「専門家お薦め感動スポット」コーナーで、市電のいづろ通電停から見た、山形屋を背景に緑化軌道を走る市電を紹介しています。
この場所を選んだ理由について、キヨスカ氏に聞いてみました。
「緑化軌道を走る市電を紹介したかったのが一番の理由です。鹿児島市電の緑化軌道は日本一の長さを誇っています。新幹線が全線開業する3月には、全国都市緑化かごしまフェアも行われます。山形屋のルネサンス調の外観と、緑のじゅうたんを敷いたような芝生が調和した見事な風景を、観光客の方々にも見ていただければと思い、感動スポットに挙げました。実は以前、南日本新聞開発センターの『かごしま路面電車の旅』出版記念の写真コンテストで、このアングルから撮った写真が入賞したことがあり、思い入れのある場所なんです」
2011012408531910866.jpg
ちなみにこのスポット、日当たりのよい午前中に撮るのがおすすめとのこと。また、ライトアップされた山形屋や緑化軌道が華やかに見える夜間も撮影のチャンスだそうです。
天文館、いづろ方面に出かける機会に、いづろ通電停から見える魅力的な風景を楽しんでみてはいかがでしょうか。
キヨスカ氏は、先日発行されたリージョン22号の「カゴテツなう!」でも、「さくらは藍かった!」というタイトルで、九州新幹線のさくらとつばめのツーショット写真を掲載しています。
ぜひご覧ください。