キヨスカ、「カゴテツなう!」について語る その2

こんにちは。
前回21号から始まりました、鹿児島の鉄道の「今」を紹介する「カゴテツなう!」
おかげさまで、読者の方からの反響も多く、人気コーナーの一つとして定着しつつあります。
今回もキヨスカさんに、撮影時のエピソードなどを聞いてみました。

「カゴテツなう!」第2回は「さくらは藍(あお)かった!」
待望の全線開業を前に、N700系「さくら」と800系「つばめ」とのツーショット写真が掲載されています。
―この写真はどこで撮影されたのですか?

キヨスカ 「撮影は昨年11月下旬に鹿児島中央駅の新幹線13番ホームで行いました。この試運転の時は、N700系(さくら)が先に到着し、約1時間待ちの間に12番ホームに800系(つばめ)が到着しました。
2台が並ぶ時間はわずか数分しかなく、その間に、奥に写っている800系のボディにある『つばめ』の文字が見えるような角度で撮りました。
全線開業に合わせて今年1月から、順次つばめの文字は消され新しいロゴに変更中なので、試運転中ならではの貴重なカットになったと思います」

―N700系「さくら」は800系「つばめ」とくらべて、どのような点が異なっているのでしょうか?

キヨスカ 「まず、『さくら』や『みずほ』に使われるN700系のボディカラーは伝統的な陶磁器の青磁を連想させる『白藍色』を使用しています。また、800系の6両編成に対して2両多い8両編成で、グリーン車もあります。
自由席は1列に5席(2列シート+3列シート)並んでいます。内装は桜調の木目をイメージし、最長約4時間という乗車時間を考慮して喫煙ルームが設けられています」

―今後、開業前までに一般公開等の予定はありますか?

キヨスカ 「2月26日(土)、27日(日)に熊本―博多間で記念試乗会が行われます。全線開業日の2011年3月12日にちなんで、募集人数は11312名だったのですが、12月15日の締切日までの応募総数は、なんと26万人! 23倍の倍率だったそうです」
―いよいよ全線開業の日が間近になってきましたね。

キヨスカ 「鹿児島ルート整備計画決定から約38年、長かったという印象です。当時の鎌田知事らが頭にはちまきを巻いて、中央に予算陳情に行かれていた頃の記憶が鮮明に残っています。そして、なんといっても南からの着工が全線開業を早めました。いろいろな紆余曲折を経て、ようやく全線開業にこぎつけたと思うと、感慨深いですね。
九州新幹線に期待することは、関西方面からもたくさんの人々に来てもらって鹿児島を楽しんでほしいということです。そして、各地へ移動する際も、できるだけ鉄道や市電を使ってもらいたいです。
自分自身も新幹線を利用して、関西方面に行ってみたいと思っています」

3月12日に、博多縲恊V八代間がつながることで、待ちに待った九州新幹線鹿児島ルートの全線開業が実現します。鹿児島と大阪を約4時間で結ぶ夢の超特急は、いよいよ現実のものとなります!
【関連サイト】
・ツイッター版「カゴテツなう!」:
http://twitter.com/kagotetsunow
・キヨスカさんブログ「みなみの風82号」:http://kiyosuka.potika.net/