19号の特集は・・・・・・

こんにちは。
いよいよリージョン19号が今週末発行です。来週から配本開始します。
今回の特集は・・・・・・、

「ロマンチック名山町」sign03

知る人ぞ知る、鹿児島市役所そばの商店街なんです。
ピンとこない人のために、ちょっと説明しますと、
鹿児島市役所前の電車通りをはさんだ海岸側の一帯で、
みなと大通り公園から朝日通りの間あたりを指します。
2010042116023310392.jpg
この界隈は昔「名山堀」という堀があって、明治時代の末から
昭和40年ごろにかけて徐々に埋め立てられていったのだそうです。
現在市電が走っている「市役所前」から「水族館口」までの道路も、
明治時代までは水路だったんですよsign01
この場所に一歩足を踏み入れると、その瞬間、一気に昭和の香り
ただようノスタルジックな雰囲気に包まれ、とまどってしまいます。
しかし、このギャップが魅力なんですね。
戦後間もなく建てられた古い木造の建物がひしめき合い、
狭い路地を形成しているさまは、まさに「昭和」そのもの。
ある意味貴重な文化遺産とも言えるのではないでしょうか。

今回の特集では、その名山町にスポットを当て、そこに住んでいる
方々の日常の姿、また夜になると常連客が集まり、ひそかに活気付く
飲食店街としての顔も取り上げ、今でも不思議な魅力に満ち溢れる
名山町の真髄に迫ります。ご期待下さいsign03