名山堀ってなに?(その2)

その2 「名山堀の埋め立てと市電の開通」
前回触れたように、名山堀の原型は江戸末期から明治の初めに
かけて完成しました。
堀の一部が最初に埋め立てられたのは明治44年、今からおよそ
100年前のことになります。

201005100815102951.gif
最初の埋め立ては、現在の市役所前から市電「水族館口」駅
付近にかけて行なわれました(地図の赤い点線部分)。
その後、大正3年に、埋め立てられた堀に沿って市電が
開通したのです。(それまでは、電車通りより1本海岸側の
広馬場通り」がメインストリートだったそうです。)

やがて、昭和10年に今度は名山堀の南側を埋め立てると
(地図の紫色の点線部分)、昭和12の市役所移転にともない、
現在の市役所横にあった公設市場を堀の埋立地に移設しました。
この場所こそが、のちに鹿児島でも最大規模の市場に成長する
名山堀市場」なのです。ちなみに移転前の市役所は、
今の市立美術館の場所にあり、現在の市役所前には「名山堀
という電停が存在していたそうです。

余談ですが、当時の「上町線」は、朝日通(南日本銀行前)
から城山方面に曲がっていき、東郵便局前を通り、中央公民館
(当時は公会堂)前を右に曲がり、市立美術館(当時の市役所)、
黎明館(当時の七高)前を通っていました(地図の青い点線部分)。
私たちが知っているルートとは異なっていますね(ご年配の方は
覚えていらっしゃるかも知れません)。(つづく)