名山堀ってなに?(その4)

その4「名山堀と名山町」
昭和26年頃に市役所前から海岸に向けて名山通り(現在のみなと
大通り公園の通り)が出来たのですが、通りの途中から海岸側の
半分近くは、まだ堀が残っていて、名山堀市場のすぐ手前までは
水路が続いていました。しかし、その直後から少しずつ堀の埋め立て
が進み、昭和40年代初めには、堀はほとんど埋め立てられてしまい
ました。
しかし、実はそれと前後する形で「名山町」という地名が誕生
しているのです(昭和40年7月)。それまで現在の名山町は、
六日町(むいかまち)」の一部、「易居町(やすいちょう)
の一部、「築町(つきまち)」というように三つの町に分かれて
いました。
現在は六日町・築町という町名は残っていませんが、鹿児島市が
平成16年に設置した、旧町名の石碑が立っており、それぞれの町
の歴史をうかがい知ることができます。
2010051908300922610.jpg2010051908311523553.jpg
名山町」という町名になったのは、名山堀が消滅しても、
名山」という名称を残したいという当時の人々の思いがあった
からかも知れません。

鹿児島市内の史跡めぐり その6」という本に、名山堀の名前
の由来が書いてあります。

名山堀は、市役所前の大通りにあった掘割のことである。安永
年間(1772〜1781)には、すでに築造されており、掘割に映える
桜島の景色が秀麗であったため名山堀と名づけられたという。

今ではもう見られないのが非常に残念ですが、堀の水路に浮かぶ
名山(桜島)の姿、想像するだけでも、実にロマンチックでは
ありませんか。
そういった昔の堀の名前が今もなお町名として残っているのも、
かつて名山堀をこよなく愛した先人達の熱い思いの表れなの
かも知れませんね。(つづく)
2010051908322223773.jpg

2 Responses

  1. 名山堀という言葉に誘われて訪問しました。テレビその他で、名山堀は、昭和の懐かしさを感じるいいところだと思っていました。名山が桜島だったとは知りませんでした。色々勉強になりました。猫好きとしては、是非、猫探しに行ってみたいですね。

  2. リージョン編集部

    >萌様
    コメントありがとうございます。
    名山堀は、取材や撮影等で何度も足を運びましたが、
    何度行っても昔の良さがにじみでている良い所だと
    実感しました。機会があれば、是非、名山のネコ
    ちゃん探しに行ってみてください。癒されますよ♪