本格焼酎「名山堀」発表セレモニー開催!

こんにちは。今回は、「名山堀」という焼酎についてのお知らせです。
9月22日(水)午後6時より、みなと大通り公園広場にて鹿児島酒造の
本格焼酎「名山堀」の発表セレモニーが開催されます。
セレモニーでは、鏡割りや通り会による太鼓演奏、名山音頭の披露などが
行われる予定です。ふるまい酒もあり、一般の方も参加できるそうですよsign01
以前リージョンの特集で紹介した名山町(19号「ロマンチック名山町」)
戦後間もなく建てられた長屋風の建物が並び、昭和の古き良き時代の
雰囲気をそのまま残している貴重な地域です。かつてそこに存在していた
「名山堀」が、焼酎という形で復活することは、私たちが名山堀界隈の魅力を
再認識するきっかけになるのではないでしょうか。
この日発表される「名山堀」は、名山町に本社を置く鹿児島酒造と地元の
名山町内会や名山町通り会の協力によって作られたものです。
以前も地元で焼酎を作ろうという動きがありながら、実現しなかったことが
あるそうです。今回は鹿児島酒造の提案で、町内会や通り会の協力を得て、
発売にむけて動きだしました。ラベルの文字は地元にゆかりのある書家の方に
4種類書いてもらい、地元の代表者たちで選定したそうです。
ちなみに、この「名山堀」は、地元名山町にある3個所の酒屋さん(喜田酒店、
武田酒店、ふとし酒店)で9月22日より先行販売するとの事。地域の人々の
思いが詰まったこの焼酎、この機会にぜひ手に入れたいですねhappy01


2010091011195319167.jpg
※以前、スタッフブログで名山堀の歴史について掲載したことがあります。
 誌面では紹介できなかった、もう一つの「名山堀」をぜひご覧ください。
 【名山堀ってなに?】  
 その1:名山堀のおいたち
 その2:名山堀の埋め立てと市電の開通
 その3:名山堀市場の賑わい
 その4:名山堀と名山町
 その5:名山堀界隈の変貌