絶景、荒平天神

こんにちは。
リージョン23号の春鹿秋冬コーナーで紹介されている「荒平天神」。
読者の方々から「詳しい内容を教えてほしい」というご意見が寄せられておりますので、
今日は、荒平天神についてご紹介させていただきます。
荒平天神は、垂水市から国道220号線を南下し、鹿屋市に入ったところで海岸線沿いを走る県道68号線に入ってしばらく進んだ場所にあります。
海に突き出た小島の上に建てられた神社は天文年間(1532縲鰀1554年)の創建といわれ、学問の神様、菅原道真公が祀られています。
大正12年(1923年)に火災が起き、神社は全焼したのですが、木像のご神体は無事だったそうです。
かなり前ですが、私も海岸沿いから荒平天神を眺めたことがあります。錦江湾に囲まれ、桜島や開聞岳も見渡すことができる、大変素晴らしい風景です。
また、この一帯では錦江湾横断遠泳をテーマにした映画「チェスト」のロケも行われています。

鹿屋方面を訪れる機会がありましたら、ちょっと足を延ばしてみてはいかがですか?
きっと美しい景観に心が癒されることでしょう。(岡)