桃月庵白酒独演会の模様をお届けします

皆さん、こんにちは。

6月12日(日)は、リージョン23号でご紹介した

落語家・桃月庵白酒師匠の独演会が鹿児島市で開かれました。

本日はその模様をお届けいたします。

 

会場は鹿児島県歴史資料センター黎明館の2階講堂。

昨年の第1回独演会には

100人収容の会場に100人以上が詰めかけたそうです。

黎明館の講堂は昨年の倍、約250名を収容するホールですが

ほぼ満員の入りとなりました。

 

そして、いよいよ開演です。

一席目は「親子酒」。

「親子酒」は、息子と禁酒の約束をした酒好きの父親と、

酒癖の悪い息子のお話です。

父親が次第に酔っぱらっていく様に、お客さんは大笑い。

師匠が舞台から転げ落ちてしまうのでは? 

と思わせるほどの熱演でした。

 

二席目は「化物使い」。

人づかいの荒いご隠居が

引越先の屋敷に出た化け物(一つ目小僧、大入道、のっぺらぼう)に

こまごまとした用を言いつける滑稽噺です。

お化けをまったく怖がらないご隠居、

言いなりになってしまうお化けにおかしさが込み上げます。

 

最後の三席目は「佐々木政談」。

名奉行と名高い南町奉行の佐々木信濃守と

利発な子ども・四郎吉によるとんちや問答のやりとりが楽しい噺です。

お奉行様の堂々たる様と

四郎吉のこましゃくれた様子を声音で演じ分ける技は素晴らしく、

引き込まれてしまいました。

DSC_0656_1_1.jpg

「佐々木政談」が終わると

会場からは温かな拍手が送られ、終演となりました。

一人で三席務めるのは実は大変なことらしく、

終演後の白酒師匠は少しお疲れのご様子。

それでもスタッフの方々に

にこやかに接しておられたのが印象的でした。

 

桃月庵白酒独演会は来年も開催予定とのこと。

今年聞き逃した方、来年はぜひ足をお運びください。

リージョンのブログやツイッターでも

情報が入り次第、告知をいたします。(前)

4 Responses

  1. 一回目桃月庵白酒独演会が120人で2回目がその倍
    三回目は300人超えるかな〜会場立ち見で溢る???
    一回聴いた人の心をつかむ師匠の落語やっぱり上手いのよね〜
    主催者として、人集めにこんな楽させてもらっていいのかしらと思っています。
    来年は5月27日(日)予定です。 よろしく
    また、みんなで笑いましょう。
     

  2. 一回目桃月庵白酒独演会が120人で2回目がその倍
    三回目は300人超えるかな縲怏・齬ァち見で溢る???
    一回聴いた人の心をつかむ師匠の落語やっぱり上手いのよね縲鰀
    主催者として、人集めにこんな楽させてもらっていいのかしらと思っています。
    来年は5月27日(日)予定です。 よろしく
    また、みんなで笑いましょう。
     

  3. こんにちは。コメントありがとうございます!
    会場前から皆さん並んでくださって感激でしたね。
    それもこれも、Oさんの熱意と師匠への愛情が
    皆さんを動かしたのだと思いますよ〜。
    来年が楽しみです。

  4. こんにちは。コメントありがとうございます!
    会場前から皆さん並んでくださって感激でしたね。
    それもこれも、Oさんの熱意と師匠への愛情が
    皆さんを動かしたのだと思いますよ縲怐B
    来年が楽しみです。