「リージョン置いてます」第11回 パンの店フランセ

こんにちは。
リージョンの設置店舗をご紹介するコーナー、「リージョン置いてます」
第11回は、鹿児島市上荒田町にある「パンの店フランセ」さんです。

パンの店フランセは、中洲電停交差点そば、荒田川沿いにあります。
焼きたてのパンの香りただよう店内には、定番商品のメロンパンや
ジャムパン、ハムロールをはじめ、キッシュなど最近話題の商品が
並べられていて、その数は60~70種類にものぼります。

リージョンはお店に入って右側のマガジンラックに設置してありました。
「いろんな方が持って行かれます。発刊日がくると、ツイッターで
取り置きをお願いされる方もいらっしゃるんですよ」

と話すのは、この店のオーナー東郷藏太さんの娘で、アシスタントの
さくらさん。

フランセさんがリージョンを設置してくださるようになったのは、ちょうど
2年前。今では毎号100部以上が、ここフランセさんからお客様の手
に渡っています。

さくらさんは、リージョンに関して、
「フリーマガジンに対するこれまでのイメージと違って、とても丁寧な
作りで読みごたえがあり、保存しておきたくなるような情報誌です。
自分の知っている人がよく掲載されているので、毎号届くのを楽しみ
にしています」
と話してくださいました。


昭和47年、さくらさんのご両親が現在の場所でベーカリーを開業して
今年で40年。現在、お店はさくらさんとご両親の3人で切り盛りして
います。
「フランセ」という店名の由来は、今から40年前ほど前、当時パンと
いえばフランス、というイメージが一般的に浸透していたためだそうです。
ただ、さくらさんいわく、
「父にパン作りのノウハウを教えた先生はドイツ人なんですよ(笑)」

現在販売している商品の多くは、開店当初から取り扱っているそうで、
「メニューがうちほど変わらないパン屋はないんじゃないか、という
ぐらい同じ物をずっと作り続けているんです」
と、さくらさん。
昔から変わらぬ商品を販売し続けることで、いつ行っても食べたい
パンが売っているという安心感を、お客様に与えることができるのだ
そうです。
子どもの頃お店に通っていた方が、お子さんを連れて来店し、
「あっ、懐かしい!」と感激されることもあるのだとか。

ちなみに、この近所には初めてのおつかいが「フランセ」だったという
方が多いそうです。昔からみんなに愛されているお店なんですね。

あなたもフランセで「懐かしい」味を堪能してみてはいかが?
きっと、お腹も心もいっぱいに満たしてくれることでしょう。

 

住所:〒890-0055 鹿児島市上荒田町7-1
電話:099-255-2324
営業時間:7時40分~20時
定休日:火曜日
URL:http://ameblo.jp/franse1972
Twitter:
https://twitter.com/#!/franse1972



2 Responses

  1. 村岡 良寛

    先日パンを買いに伺いました。とてもアットホームな雰囲気で好感が持てました。対応も良く、パンも美味しいでしたよ。店内には個展、イベント案内のスペースもあり楽しめました。勿論リージョンも持ち帰りましたよ。

  2. >村岡様

    コメントありがとうございます。
    とても雰囲気の良いお店ですよね。
    私もフランセさんのパン、大好きです。個人的には「ごまむらさき」がおススメです。

    リージョンを手に取っていただき、ありがとうございます。
    これからもご愛読のほど、よろしくお願いいたします。